マスカー療法

みなさんは、耳鳴りで悩んだことはありますか。また、現在、耳鳴りの症状
が出て困っている方はいらっしゃいませんか。
難聴までは行かなくても、なんとなく、耳鳴りが続く方、みなさんの周囲に
もいらっしゃると思います。耳鳴りが続くと、普段の生活にも支障が出ます
よね。いつでも、何をしていても、キーンと言う音が聞こえていて、楽しい
気分も台無しになってしまいますよね。
生バンドのライブなど、大音量で何かを聞いた後は、だれでも耳鳴りがする
ものですが、時間が経てば治るものです。それがずっと続いていることは、
とても不快ですよね。
そんな場合、マスカー療法と言う治療法があります。マスカー療法は、簡単
に言えば、別の雑音で気になっている耳鳴りをマスキングしてしまうという
ことです。
雑音などを使って、耳鳴りをカバーしてしまうと、それを聞くことをストッ
プさせたあとも、しばらくの間は耳鳴りがしません。また、気にならないほ
どに耳鳴りが小さくなるのです。
マスキング療法を行うためには、まず、耳鳴りの検査が必要です。病院に行

って、どのような耳鳴りがしているのか、難聴の症状はないのか、調べても
らいます。
例えば、耳鳴りの周波数や、その大きさを検査します。そして、耳鳴りの周
波数に似せて、耳鳴りよりも、やや大きい雑音を鳴らし、耳鳴りを覆いかぶ
せます。
このマスカー療法は、耳鳴りにお悩みの方、およそ6 割の方に効果があると
言われていますので、試してみる価値はあるでしょう。
マスキングの機器を使っても、耳鳴りが消えてくれる時間には、どうしても個
人差があるようです。
マスカー用の専門機器は、販売されているものを使うことが一般的ですので、
使用の際は、医師に相談してみましょう。
耳鳴りがする上に、音が聞こえにくいという難聴の方は、薬での治療など、他
の方法で治療することになりますが、耳鳴りだけの方にとっては、マスキング
療法はとても有効な治療法と言えるでしょう。
また、マスキング療法は、専門の機械を購入しなくても、身近なもので代用で
きます。

例えば、音楽です。音楽の好きな方でしたら、耳鳴りが気にならないような音
楽を選んで、マスキングしてみましょう。自分が好きな曲、ジャンル、アーチ
スト、どのような音楽でもかまいませんので、耳鳴りをカバーできるような音
楽を選んで流してみましょう。
音楽を聴くことは、マスキング療法としても良いですが、ヘッドフォンを使い
大音量で聞くと、難聴のリスクが高まります。若い方に多いヘッドフォン難聴
を発症する危険性が高くなりますので、その点だけは気をつけるようにしてく
ださい。
それから、ラジオのノイズもマスキング療法に使えます。ラジオ局の周波数に
合わせて、途中に鳴っている、あのザーザー音を鳴らしてみることも手でしょ
う。同じように、テレビのホワイトノイズ(砂嵐)の音も、耳鳴りが気になら
なくなります。
いずれにせよ、耳鳴りを防ぐためにマスキングをするので、その音量は、ちょ
うど耳鳴りが隠れるくらいのボリュームが最適です。大きな音は、かえって耳
にダメージを与えることになりますので、その点は気をつけましょう。
マスカー療法