おたふく風邪と難聴その1

みなさんは、おたふく風邪をやったことはありますか。
おたくふく風邪と言えば、はしかや水疱瘡と同じく、子供のころ、多くの方
が当たり前のようにかかっていた病気ですよね。ですが、このおたふく風邪
によって、難聴になってしまうケースがあるそうです。
この難聴は、ムンプス難聴と呼ばれることもあります。ムンプス難聴は、お
たふく風邪が原因となって引き起こされる、重い難治性の難聴です。
おたふく風邪で、まれに難聴になることをご存知の方も多いと思いますが、
その難聴が重い症状であることや、治らないと言うことは、意外とご存知の
方も少ないと思います。
実は、統計によりますと、おたふく風邪にかかった人の中で、1000 人に1
人が難聴を発症してしまっていることがわかりました。1000 人に1 人と言
う数字は、比較的、高い数字ですので、他人事ではありませんよね。毎年、
日本では700 人から数千人が、おたふく風邪が直接の原因となって、難聴に
なっていますから、その発症人数の多さに驚きます。
おたふく風邪が重症だから、その結果、難聴になるというわけではなく、軽
度のおたふく風邪でも難聴になることがあります。もともと、おたふく風邪

というものは、みなさんもご存知のように、30 パーセントの方は、不顕性
感染です。これらの方は、おたくふく風邪にかかっていても、症状が出ない
状態の方です。そして、怖いことに、この不顕性感染の状態であっても、難
聴が発症するというのです。
おたふく風邪と難聴その1