おたふく風邪と難聴その3

そこで、難聴を予防するためにも、大切なものが、ワクチンです。おたふく風
邪のワクチン接種、みなさんはきちんと受けていますか?
WHO の統計によりますと、おたふく風邪ワクチンなどを含んだ「MMR ワクチン」
の定期接種をしてない国は、先進国の27 カ国のうち、日本だけだそうです。世
界的に言うと、MMR ワクチンの2 回定期接種によって、おたふく風邪や、おた
くふく風邪難聴の発症はほとんど見られないと言います。
ワクチン接種は副作用などが、心配というお母さんもいらっしゃいますが、お
たふく風邪が軽い病気でないことを認識しておかなければなりませんよね。難
聴というかなり重い合併症があることも、広く知られていないことです。そし
て、合併症の予防にワクチンが有効であることを日本人の私たちは、もっと認
識しておかなければなりません。
と言うことで、おたふく風邪によって、不運にも難聴になってしまう子供が、
ゼロになるように、ワクチンの接種をお勧めします。1 才で接種する、麻疹風
疹のワクチンのあと、4 週あけて、すぐにおたふく風邪ワクチンを接種しまし
ょう。1 才以上のお子さんで、まだ受けていない方は、早めに接種することを
お勧めします。

ひとつの耳が難聴になってしまっても、片耳が正常であれば、普段の生活や、
社会生活に支障はないと思われます。ですが、もし、お子さんが将来、音楽の
道に進みたいと言い出したら、その場合は、片耳の難聴は、致命的となるでし
ょう。
音楽好きな子供に成長したとしても、最初から、将来の夢が閉ざされてしまう
ことはかわいそうですからね。
そのようなことがないように、親として出来る予防方法は、唯一、ワクチンを
接種させることでしょう。
おたふく風邪と難聴その3